綺麗になりたい
綺麗になりたい
綺麗をあきらめないで!一緒に綺麗になる方法を探しましょう
美容コラムーすみしょう

シミを消したい方必見!市販のシミ消しクリーム(ドラッグストア) と飲み薬!

シミ 消したい 市販

シミを消したい方必見です!
すみしょうさんが市販のシミ消しクリームを紹介してくださいました。

ドラッグストアで買えるものから、メンタリストDaiGoさんがおすすめのクリームまで。

すみしょうさんからのメッセージ・・・
「シミ消しはふつうの化粧品では難しいですが、皮膚科、医薬品、医薬部外品(美白)、化粧品の中でどんなものが効果的かを話しています。」

最強のシミ消し方法も紹介されていますので、ぜひご覧ください。

こちらのサイトでは、動画を文字お越しして、分かりやすくしています。
商品の画像も載せていますので、ゆっくりご覧ください。

シミを消したい方必見!市販のシミ消しクリーム(ドラッグストア)

 

最強のシミ消し・・・
結構肌に刺激があって、皮がボロボロむけちゃって、やってる間は本当に人に見せられないぐらいになるみたいですね。

こんにちは!
元、化粧品研究職のすみしょうです。
今日は最強のシミ消しというテーマでお話しします。
肌が弱い方にとってはちょっとおすすめできない内容いなっております。

今回のテーマはシミの種類、シミの改善と予防、最強のシミ消し方法、この3つのテーマでお話しします。

シミの種類

シミにも種類があって、表皮のシミと真皮のシミ、というのがあります。
で、大体の皆さんが悩まれてるのが表皮のシミになりますね。

① 普通のシミ
② 雀卵斑(そばかす)
③ 炎症性色素沈着
④ 肝斑

表皮のシミにも4つぐらいパターンがあって、普通のシミって言われるもの、紫外線で起こる日光黒子とか老人性色素斑と呼ばれるものですね。
これが一つ。

もう一つが雀卵斑、そばかすと呼ばれるものですね。
これは遺伝的な要素が大きいと言われておりまして、思春期頃からつぶつぶつぶと出てくるようなシミになります。

もう一個がですね、炎症性色素沈着
これはですね、ニキビが終わった後とか蚊に刺された後に薄くシミになったりとかするとうものですね。

あと、もう一個が肝斑と呼ばれるもの
肝斑というのはこの辺りですね。
頬骨の上とかに左右対称にちょっとうっすらとできる左右対称のシミっていうものです。
これは30~40代の女性がピークみたいで、もっと年を重ねれば出ないっていう方が多いみたいですね。

シミの改善と予防

2つ目のテーマ。
シミの改善と予防というお話ですね。

シミの原因である、メラニンを作らせないという効果を持つものは医薬部外品というものになります。

市販で買えるし、誰でも買える。
化粧品とはまたちょっと違う医薬部外品というもの。

今あるシミを改善するという効果は認められてないんですね。
医薬部外品と呼ばれるものは予防になります。

で、一方でシミの改善となると基本的には皮膚科でのレーザーとかそういった類になるんです。
もしくは、飲み薬の医薬品ですね。
そのあたりでも、市販で買える飲み薬というのもあるので、そのあたりもまとめてお伝えします。

最強のシミ消し方法

最強のシミ消しっていうことなんですけど、これが、医者の処方が必要なんですけど、ハイドロキノン+トレチノインという、この方法ですね。

これはですね、ハイドロキノンという成分は美白の成分として良く知られてまして、最強のシミ消し成分と呼ばれるようなものですね。
そのメラニンを還元して薄くするというのと、あと元々そのメラニンが作られる過程で予防もできると。
メラニンを作らせないっていう効果もあるので、予防プラス改善ってことで有名な成分です。

ただ、これは医薬部外品の有効成分としては認められてない成分ですね。
安全性が結構厳しくて、お医者さんにちゃんと診てもらわないと、ちょっと刺激とかアレルギーな面とかも結構リスクがある成分ですね。

トレチノインというのはビタミンA、最近シワ改善とかで有名なレチノールという成分があるんですけど、それとはちょっと構造が違うんですけど、ビタミンA類に分類されるものですね。
レチノールに比べると生理活性が50倍~100倍あると言われてるようなのが、お医者さんだけで使えるトレチノインですね。

ゼオスキン

シミ 消したい 市販

実際に、ハイドロキノンが入ってる製品でおすすめなものっていうと、一つがゼオスキンというブランドがあります。

これ、ゼイン・オバジという皮膚の研究者の方が立ち上げたブランドで世界中で結構有名らしいんですけど、ハイドロキノンの化粧品を扱ってて、さらに、これって普通に買えない、ネットでも買えない。
で、クリニックで買うしかないですね。

販売しているクリニックを検索して、皮膚科をちゃんと受診して、そしたら、そのゼオスキンの化粧品とともに、さらにお肌の集中ケアみたいなコースを申し込むと、トレチノイン、お医者さんのトレチノインというのを組み合わせて処方されるので、ゼオスキン+トレチノインみたいな感じで、シミだけじゃなくてシミとかシワとかお肌のきめとかも全部改善する、そういう4ヶ月ぐらいのプログラムとかもあるみたいです。

ただ、非常にリスクがあって、ビタミンAとかレチノールとかトレチノインとか、そういうのを使うと、ハイドロキノンもそうですけど、結構肌に刺激があって、皮がボロボロむけちゃって、やっている間は本当に人に見せられないぐらいになるみたいなんですね。

結構、そのゼオスキンチャレンジとかやってSNSとかブログとかですね、結構いろいろな方がやられているみたいなんですけど、本当に肌が赤いし、ボロボロ皮がむけてるし、試すのはなかなか・・・私はちょっとやってみたいなと思うんですが、なかなか勇気が出ないというやつですね。
やるのは、本当に慎重にお医者さんに聞きながらやっていくしかない。

美容皮膚科によるレーザー

で、もう一個、最強はやっぱり、美容皮膚科によるレーザーですね。

1回では終わらないこともあるみたいなんですけど、数回行ってやるとかいパターンです。
これはですね、大体、多分5万円とか10万円とかぐらいかかってくるような方向ですね。

シミの種類としても、そのシミ・そばかす、炎症性色素沈着、肝斑、あとは真皮のシミ、これにも有効という風に言われております。
そのレーザーのやり方とかもいろいろあるようなんですけど、すべてにシミに対応している、というとこですね。

レチノール

もう一個、もうちょっとマイルドなやつないのかということで、探したんですけど、さっき言ったハイドロキノンとトレチノインまでは使いたくないけど、ビタミンAというレチノールと呼ばれるものですね。
それが入っている、市販で買えるもの、というところで行くと・・・

ロート製薬 エピステームHQレーザークリア
12g/14,300円(税込)

シミ 消したい 市販

ハイドロキノンはロート製薬が出されているエピステームHQレーザークリアというもの。

これもね、ちゃんとネットとかではすぐ買えないんですけど、電話したりとか百貨店のカウンターで買うとか、そういうことで買えるみたいです。

 

エリクシール
エンリッチド リンクルクリーム  4,980円 (税込) / 15g

シミ 消したい 市販

あと、レチノールでいくと、最近資生堂さんがシワ改善クリームというのを出してて、これが医薬部外品の有効成分。

美白効果は認められてないんですけれども、メカニズム的にはその肌のターンオーバーを促すシワ改善というところなので、表皮のターンオーバーを促進するという効果があるんですね、だから、表皮にあるちょっと居座ったシミ、これを排出させるという効果が期待できます。

資生堂のリンクルクリームも実はシミに少し効果あるかなというところですね。
資生堂の特許とかを見てると、レチノールの配合量が0.1%~0.3%ぐらいの間じゃないかなという感じですね。

特許の中には実施例っていうのがあって、こういう処方で実験してますよというのが載ってるんです。
これ、誰でも見れるんですけど、そこに使われていたので、大体0.1%~0.3%ぐらいだったので、大体そんな感じなのかな、ってとこですね。

 

Life-Flo Retinol 1%
Advanced Revitalization Cream
2,750円/50ml

シミ 消したい 市販

Life-floレチノールA1%アドバンストリバイタリゼーションクリーム1.7オンス(50 ml)

はい、一方で海外のメーカーでメンタリストDaiGoさんがおすすめしてた、Life-Flo Retinol 1% Advanced Revitalization Cream、という海外のメーカーさんのがあるんですけど、レチノール1%のクリームらしいんですね。

これも結構効果あるんじゃないかなって気がします。

ただ、このハイドロキノンもレチノールもやっぱり効果が高い分肌に合わないとか、ビタミンA反応と呼ばれるものが出たりする可能性があるので、本当に慎重に使ったほうがいいとは思います。

飲む医薬品

次はですね、医薬品で飲む医薬品というのがありまして・・・
まずですね、さっき言ってたシミの種類のうち、シミ・そばかす、炎症性色素沈着、この辺りにおすすめの飲む医薬品1つ、第一三共のトランシーノホワイトCクリアってやつですね。

第一三共 トランシーノホワイトCクリア
2ヵ月分 4,000円~5,000円

シミ 消したい 市販

これが大体2ヵ月ぐらいで、4,000~5,000円ぐらいのものです。
成分的には、システインというアミノ酸とビタミンCですね。
あと、他にビタミンEとかビタミンBとか、いろんなものが入ってるんですけど、第三医薬品というものになって、市販で誰でも買えるものですね。

これもリスクもありますので、ちょっと注意書を読みながら、副作用のリスクと相談しながらやるというのが良いと思いますね。

これの効果としてはシミを緩和するっていう感じです。
改善とまでは書いてないんですけど、予防よりももう1歩上みたいな、緩和するみたい感じになっているので、医薬品を飲むことに抵抗がないのであれば、試してみるのも1つと思いますね。

 

で、一方で肝斑ですね、肝斑にはシステインとかビタミンCではなくて、別の成分が必要で、トラネキサム酸というものですね。

第一三共トランシーノⅡ
2ヵ月分 7,000円

シミ 消したい 市販

これはですね、いろんなメーカーではなくて、第一三共トランシーノⅡってやつです。
これが大体、2ヵ月ぐらいで7,000円ぐらいですね。

これ、第一医薬品というもので、もうちょっと副作用リスクがあるけど効果もあると。
普通に薬局では買えるんですけれども、薬剤師さんが勤務しているときじゃないと買えないという感じですね。

ネットでも買えるんですけど、ネットでも薬剤師さんの質問に答えるとか、メールのやり取りがあるみたいです。

これはですね、その肝斑に効果的と呼ばれてるもので、臨床試験とかもちゃんとやられてて、改善したっていう例があるので期待できるかな、というとこですね。

ただし、肝斑に限るみたいな。
効能は肝斑に限るみたいなことが書いてあるんですよね。
成分を見るとトラネキサム酸入ってるし、ビタミンCは普通に入ってるし、ということで、少しは普通のシミそばかすとかにも効くんじゃないかなという感じですね。

 

ちなみに、妻が結構最近シミとかそばかすを気にし出して、医薬品を使い出しました。
また、体験談とかあればお伝えしたいと思います。

医薬部外品の有効成分

普通の医薬品、医薬部外品どうなのっていうところなんですけど、やっぱり医薬部外品の有効成分っていうのを開発してるとこと言えば大手になるんですよね。

資生堂とかポーラとか、この2つが最先端の研究とかをよく行ってて、資生堂だったら1番最近といっても十数年前、4MSKと呼ばれるのもので、HAKUとかに入ってます。
あとは資生堂の青のアクアレーベル。
少し前動画で出したんですけど、青のアクアレーベルスペシャルジェルクリームとかに入ってますね。

あとポーラのやつが結構良いなっていうところで、医薬部外品の承認の歴史っていうのがあるんですけど、本当に一番最近承認されたのが、最後に承認されてから10年ぶりに承認されたっていうのが、PCE-DPと呼ばれるもので、デクスパンテノールWと呼ばれてるものですね。
これはビタミン系のものなんですけれども、パンテノールというビタミン類があるですけど、今までのそのメラニンの生成を抑えるという効果とはまた別のメカニズムでシミへのアプローチをしてますね。

今まではメラニンが作られる過程の1番最初にチロシンというものがあって、そこにですね、酵素が働くんですね。
チロシナーゼという酵素が働いて、どんどんメラニンを作っていく。
で、そのチロシナーゼの働きをブロックしてやると言うのが今までのメラニン産生のメカニズムだったんですけど、肌の1番外側の表皮の細胞、表皮細胞を活性化させて、メラニンを作らせないというものなんですね。
紫外線とかが入ってきたら、細胞核の中のDNAが傷ついてしまうので、それを防ぐためにメラニンが出てこいということで、メラニンが出てきて、それに傘を被せるように、メラニンキャップと呼ばれてるんですけど、傘を被せるような感じでこのDNAを守ってたんですけど、これを、こいつ自体エネルギーをもって活性化してやれば、そのメラニンでキャップしなくても大丈夫だよ、みたいな感じに働きかけるのではないかと考えられて作られているんですね。
表皮細胞を活性化させることでそのメラニンに頼らなくても、僕は大丈夫だよという風になる成分ですね。
それによって、そのメラニンの過剰な蓄積を抑えるというものですね。

 

ポーラ ホワイトショット LX WSローションLX
¥12,100 (税込)/150ml

シミ 消したい 市販

それが入っているのが、ポーラのホワイトショットのローションLX
とホワイトショットミルクMXってやつですね。

ポーラ ホワイトショットミルクMX 乳液
¥8,796円/78g

シミ 消したい 市販

ホワイトショットってね、美容液とかもあるんですけど、化粧水と乳液にしかこの成分は入ってないですね。

美容液はまた別の有効成分でポーラがもう少し昔に開発されたルシノールというのが入っているみたいです。

すみしょうさんまとめ

後、忘れていましたけど、シミの予防で最強なのは、医薬部外品とかもそうですけど、その前に紫外線を防ぐということが最強なので、やっぱり日焼け止めですね。

日焼け止めをしっかり塗るというのが1番です。

それでシミが出てきてしまって、何とか1発で治したいよって言うんであれば、やっぱり美容皮膚科に行って、レーザーなり、ハイドロキノンとかトレチノインを使うというのが最強ですね。

ちょっとね、お肌が痛むリスクとか、赤くなったりとか、そういう痛いのは嫌だっていう方は、ハイドロキノンやレチノールっていう化粧品を試してみるとか、または飲む医薬品ですね、トランシーノとか、それか医薬部外品のポーラホワイトショットとかですね。

あとは資生堂の4MSKとか、資生堂のレチノール入りのしわ改善クリームとかですね。
シワ改善でも、シミ消し効果は多少は期待できるかなというところなので。

ということで、ちょっと気になる方はリスクとお肌に合うかというところと効果について、ちょっとバランスをみながら試してみてはいかがでしょうか。

ということで今日はこちらで終わりたいと思います。
それではまた、次の動画でお会いしましょう。さよなら!

コメント

すみしょうさんの解説を見て、商品を原材料?で選ぶようにしてみたところ、物凄く効果を実感したので、今回手に取ったプチプラからこちらの動画で紹介されているもう少し高いものも試して見たいと思いました これまでそんなに細かく考えたことも無かったし、見ても分からなかったので解説動画、とても参考になりましたありがとうございます。

ゼオスキン愛用者です。 セラピューティック終わってからも使い続けてます。ほんとにきれいになります。 皮剥けはもちろんありますが、お医者さんとトレチノインの使用量を調整しながら使用すればそんなにひどくなかったです。 毛穴も目立たなくなるし、トーンアップももちろん、しみも消えます。 ひどいニキビ跡があるかたもすっきりきれいになってました。 大きな濃すぎるシミはレーザー当ててけしました。

すみしょうさんは豊富な知識で説明してくれるので信頼しています。溢れる程ある商品から選ぶのにすみしょうさんの動画は助かります。

1ヶ月前からオバジ式でハイドロキノンとトレチノインを処方してもらって肝斑消しやってます! 絶賛反応期でボロボロ皮むけて、覚悟した方がいいですがすでに効果を実感してます ビタミンcが入ってる化粧水がいいとのことで使ってますが、痛すぎてスキンケア時には叫んでます こんなご時世なのでマスク外さなくていいし、在宅勤務中で人とも会わないのでおすすめです!!

レチノールa 1を愛用しています。 最初はめちゃくちゃ使うの怖かったですけど皮が剥けてツルツルの肌になるのが 嬉しくて様子を見つつ使っています。(赤み、痒みも出ます) 正直シミが薄くなった感じはないです。でもシワとキメの粗さが明らかに改善されました。 これが最後の望みなんだ!という覚悟があれば使ってみる価値あると思います。

最後に日焼け止めの重要性を訴求してくださるすみしょうさんが大好きですw ギットギトの脂性肌なのに敏感肌だから美白系の成分は相性が悪くて辛いんですよね…。大丈夫なトラネキサム酸とカミツレエキスには足を向けて眠れません。

毛穴の詰まりの悩みで同類のものを処方してもらい1ヶ月です。劇的な効果で感動しています。悩んでいろんな化粧品を使ってウダウダしてるよりよっぽどコスパいいと思っています。痒み皮むけありますが、むけた後がめちゃ綺麗なので剥けるのが逆にワクワクです。マスク時代なのでばれにくい今がやりどきかと。痒みは冷やしながら我慢中です(1ヶ月したらだいぶ慣れました)

今日もみんな気になる情報を教えていただきありがとうございます! 効果やリスクなど悩む人がそれぞれに合う細かい解説が嬉しいです。 昔からあるそばかすはどうにもならないと思って諦めてました。 少し気になるので動画の商品を試していきたいと思います。

いつも楽しみに拝見してます。 私はレーザーで一度シミをとり(施術は1回 6年ぐらい前 再発せず)、 肝斑はトランシーノ(もどき)、 エステでレチノール美容液。 40半ばででシミ一つないね、と言われます。 前にすみしょうさんが‘美容への悩みは深い’とおっしゃってましたが、そのとおりです。 本当に沼のようで、どこかで底を自分で決めないとどつぼにはまると思うのでこれからも客観的な我に返れるような発信をお願いします!

ハイドロキノンで薬品かぶれを起したことがあり、その後は一度薄く塗っただけでも翌日水疱が出来て腫れ上がるようになりました。 これから使う方は気をつけて下さい。 少しでも異変を感じたらすぐに医師の診察を受けて下さい。

最近資生堂さん、すごい売れているなぁと思っていたら、すみしょうさんの動画のおかげなんですね!!!!!!! 私はビタミンEが肌によく合ったので、美白ケアよりは、沈静と潤いに力を入れ始めました

美肌治療で皮膚科に通っていてトラネキサム酸とシナールを処方されています 皮膚科のレーザー等以外では私には純ハイドロキノン10%クリームが効果ありました!一時的に肌荒れっぽくなるので不安になりますが、皮が剥けた後はシミが薄くなります ただし、動画の中でも言われていますがハイドロキノン は刺激強いのであくまで自己責任ですので勇気がある方のみお試しください!

最近ハイドロキノンとトレチノインクリームタイムリーで使ってました!\(^o^)/ 確かに使ってる間は皮がぼろぼろ剥けて痛くて途中でやめたくなりましたが、薄いソバカスはほとんどなくなり、茶色っぽいホクロは薄くなって、おまけにわたしは顔が一回り小さくなりました ホントに使って良かったなーって思います!

以前皮膚科でハイドロキノンを処方してもらいましたが、顔が赤く腫れ上がってしまい、その治療の方にかなり時間がかかりました。結局、一部跡が残ってしまいましたので、肌の弱い方はお気をつけください。

まとめ

最強のシミ消しに勝るもの、それはやっぱり「紫外線対策」でしたね。
とにかく、紫外線から肌を守りましょう。
将来の美肌は、紫外線対策にかかっていますからね。

冬も油断しないで!
これは私自身に言いたいですね(笑)