綺麗になりたい
綺麗になりたい
綺麗をあきらめないで!一緒に綺麗になる方法を探しましょう
美容コラムー友利新

美容皮膚科で毛穴に人気の施術は?友利新先生がきれいな理由を暴露!

美容皮膚科 毛穴 人気

テレビや動画で見かける友利新(ともりあらた)先生はお綺麗です。
その美しさを手に入れるために先生がされている努力がすごいと、わかりました。

今回の先生のお話は、なんと先生の整形暴露・・・先生の秘密を公開中です。

その中で、毛穴やニキビ、ニキビ跡の悩みを解決する方法がばっちり語られています。

友利先生の肌はきれいだといつも思っていましたが、かなりの努力をされていました。
努力は報われるんですね。

美容皮膚科で毛穴に人気の施術は?

 

友利先生の整形暴露について(美容皮膚科)
友利先生の仕事は、保険診療もやっていますが、美容診療、美容医療が専門です。
先生自身が美容整形(美容皮膚科)の施術をされています。

スキンケアでできるレベルと美容医療に頼らないとできないことがきちんと明確にあります。
例えばシミに関しても、シミが1個あったら、それはスキンケアではなくて、やっぱりレーザーだとか、光治療を当ててお手入れをしたほうがいいです。
肝斑もそうですし、あと、たるみとかもそう。

化粧品では予防をして、毎日の肌の健康を保ちます。
「やっぱりこれ、治療したいよ。」というのは、医療に頼って治療をすることになります。

全身脱毛

美容皮膚科 毛穴 人気

一番最初にやった美容医療は全身脱毛になります。
医者になってすぐだから、24歳くらいで、顔・全身・VIOも全部しています。

顔の脱毛に関しては顔のくすみの改善になるし、毛穴も目立たなくなるのでおすすめです。
脱毛は、一回きちんとやると、あとはほとんど生えてきません。

たまに、あれ、こんなところにということはありますけれど、今はカミソリとかも使わないし、脱毛を定期的にしているかというとしていないので、脱毛は卒業したかなというふうに感じています。

ケミカルピーリング

脱毛よりも前にやっていたことがありました。
ケミカルピーリングです。
すごい、ニキビ肌だったんですよ。

中学や高校のころの同級生に聞くとわかると思いますが、思春期の男子高校生みたいに、膿んだニキビがたくさんあって、寝ると朝、枕に血がついている、というくらいすごいニキビ肌だったんです。

ケミカルピーリングが日本に入ってきたときに、当時医学生だったので、皮膚科の先生にニキビ治療の治験をやってみないかといわれて、初めてやったのがケミカルピーリングです。

そこから、27~28歳までは定期的に、ひどいときは2週間に 一回くらい、少し落ち着いてきたなと思っても、1か月~1か月半に1回くらいはケミカルピーリングをしていました。
もちろん医療の場所ですよ、病院でね。

それで、ニキビができないようになったし、たまには今でもできますが、ニキビ跡だとかそんなことも残らずにニキビを治療することができました。

脱毛、ピーリング・・・
ピーリングは今でもたまにしますが、定期的にやっていません。
今やっているのは、シミ取りです。

シミ取り

大きなシミがポンとできることはないんですけど、たまにあるとレーザーで焼くことはあるし、あとは全体的にトーンアップさせたいとか、あと細かいシミに関しては光治療ですね。

フォトフェイシャルとかBBL・フォトシルク・光治療で全体的なくすみを飛ばすということは、今でも定期的に1~2か月に1回は必ず当てるようにしています。

 

スポンサーリンク




友利新先生がきれいの秘密を暴露!

美容皮膚科 毛穴 人気

たるみ治療というのは、いつごろからやった方がいいのかというと、たるみを気にしてから始めたらだめなんですよ。
たるみを気にして始めちゃったら、けっこう遅いというか、機械でやるのはね。

 

友利先生
友利先生
私は30代になってからたるみ治療は始めたかな。

サーマクールとハイフ

たるみ治療にはサーマクールとハイフとよばれる、ウルトラセルやウルセラと呼ばれる機械があります。

治療法を何で分けているかというと・・・

どちらかとアンパンマンのような顔の、脂肪が多い人はサーマクールがおすすめです。

脂肪が多くない、ちょっとげっそりしているんだけど、ほほやアゴのあたりが垂れているという人はウルトラセルとかウルセラとか、そういうハイフ系が効きます。

 

友利先生
友利先生
私は顔が丸くてパンパンだったので、一番最初に受けたたるみ治療というのはサーマクールです。

それは30代、32歳・33歳くらいから、半年に1回くらい当てていて、サーマクールを当てていると、もちろん毛穴もちっちゃくなるしたるみも予防できるんですけど、アンパンマンみたいなパンとしたものが、少しずつおさまってくるんですよ。

そうすると今度は、ほほの下の辺(あたり)が気になってくるので、今ではハイフ(ウルトラセルとかウルセラ)も一緒にダブルで併せていて、これは大体半年に1回です。

妊娠中とかはもちろんしていないですけども、半年に1回はこのリフト系のサーマクールか、ハイフ系を必ず受けています。

ヒアルロン酸

あとよく聞かれるのがヒアルロン酸です。

「ヒアルロン酸をやっていますか?」といわれるんです。
「頬っぺたや唇にヒアルロン酸を入れていますか?」といわれるんですが、入れたことはないです。

ヒアルロン酸を入れているのはこめかみのところで、こめかみがえぐれているんですよ。
それと、おでこが直線なんですよ。

それでおでこを丸くしたりとか、こめかみのそげているところに、ちょっとヒアルロン酸を入れると、顔が立体的になるということで入れていましたが、今は吸収されてなくなっちゃったと思うんですけど・・・
なので、おでことこめかみに入れたことはあります。

アンパンマン顔を気にしていたから、ほっぺたに入れるのはあんまりおすすめはしていないですし、昔からたらこ唇だって、小さいころにいじめられたから、唇をぽてっとさせるのも、あんまり好きじゃないです。

入れるとしたら、ほうれい線が気になる人だったらほうれい線に入れたらいいと思います。

今はヒアルロン酸は入れていないです。
あと、定期的にやっているのがボトックスです。

ボトックス

ボトックスはどこに打っているかというと、まず脇です。
脇って汗かくので、わきにボトックスを打つと汗が止まるんですね。
なので、夏場とか汗かきたくないじゃないですか。
定期的に脇にボトックスを注射しています。

妊娠中や妊活している時はボトックスを打っちゃいけないので(授乳中も)、今はちょっとお休みしています。
なので、そろそろボトックスを再開したいなと思っています。

あと、脇だけじゃなくて、今は多分切れているんですけども、おでこにしわができるのが嫌で、妊娠するまでは、おでこに定期的に打ったりとか、笑ったときに目じりにできるしわが嫌だなと思ったときは目じりに打ったこともあります。

妊娠出産、授乳があったので、今は打っていません。
最後に打ったのは1年以上前なので今は全く切れている状態です。
そろそろ、おでこに打ちたいなと思っている感じです。

フラクセル

ニキビ跡や毛穴が気になっていた時はフラクセルというレーザーを当てていた時期もあります。
これはダウンタイムで真っ赤になるときが多いので、時期を選ぶんですけれど、フラクセルは4~5回はやったと思います。

30代前半とか、本当に毛穴、ニキビ跡がひどかったので頬のニキビ跡を消したいと思ったので、フラクセルを5~6回は当てました。

おかげで、毛穴やニキビ跡はよくなったので、今はフラクセルは打ってないですし、毛穴系の施術も今はもうほとんどしていないです。

まとめ

ボトックスはそろそろ打ちたいですね、おでこに。

ボトックスは咬筋(こうきん)にも打ちました。
咬む筋肉、エラにボトックスを打つと、ボトックスで顔がちっちゃくなるんですよ。
なので、昔入れていたんですけど、今は全然切れています。
脇、エラ(咬筋)、おでこにボトックスを入れたいなと思っています。

定期的にやっているのは光治療ですね。
くすみを飛ばしたいので光治療。

あとは1年に一回まとめて細かいシミをレーザーで取ります。
シミを取ると必ずかさぶたになるので、撮影とかがあったらちょっと難しいので、1年に一回お休みの時に当てているレーザーです。

あとはたるみ予防のためにサーマクールかハイフ(ウルトラセルかウルセラ)どっちかを必ずやるようにしています。

 

友利先生
友利先生
これが私がやっているすべてになります。
えーそんなにやっているのというかもしれませんが、基本、みなさんやっているんですよ。
友利先生
友利先生
あんまりそれを言う人がいないだけで、何かしらをやっている人は多いです。
「何もやっていないんです~」というのはちょっと違うかなと思います。

1か月に1回クリニックに来るのはスペシャルじゃないですか。
だけど、日ごろの毎日のスキンケアが大事なんです。
特に日焼け止めを塗る、保湿をしっかりする、ビタミCとかビタミンAとか美容成分をしっかり入れるなどの、日頃のスキンケアあっての美容医療です。

それを両輪(施術とスキンケア)でしっかり回しているから、今これを保っている状態です。

人間、ゆっくりですが年を取っていくので、今後も今やっていることで歯止めが効かないなと思ったら、いろいろな施術はしていきたいし、もしそれをした時にはみなさんにお話していきたいかなとは思っています。

 

友利先生
友利先生
今日は私の秘密、内側暴露みたいな感じになっちゃいましたけど、こんな風にやっていることもちゃんと言わなきゃな、と思ったのでお話しています。

 

スポンサーリンク




コメント

こんにちは! 色々やらなきゃとは思いますが、やはりお金ですね。 んーーーーー。。。。 厳しいなぁ。

美容医療やりたいですが病院をどう選べばいいかわからなくて行けていない(涙)

やっぱりいろいろやってるんだな・・ そりゃお肌がピカピカなはずだわ。

歳と共に 額のシワが 消えなくなったので 凄く気になっていました。先生に 聞けて良かっです!私もやりたいです。ありがとうございました!

美を維持するためには色々な努力が必要なんですね。結構色々やられてる方が多いと聞いて、私は勇気がなくて今は何もしてないですが気になるところは沢山あります。緊張しますが皮膚科に行ってみようと思いました。

やっぱり、色々やられてるんですね! 安心しました! 綺麗に年を重ねるには、お金掛かりますよね。笑 私も、以前にきびに悩んでいた時期にビーリング始め、今ではにきびもできにくくなりました。

先生くらいお綺麗な方はやはり時間もお金も、そして日頃のスキンケアの努力をかけているんですね。 いつまでも綺麗でいようとする先生が本当に素敵です。また動画楽しみにしております。

以前プライベート中の友利先生をお見かけした事があったのですが、お肌がとっても白くてお綺麗で見とれてしまいました。私も少しずつ努力しようと思います…!

やっぱり綺麗になるには努力ですよね!がんばります!こんなに細かく教えてくださって本当に感謝です。

お話を聞くことができてとても参考になりました。とてもきれいなお肌だなあと思って拝見しておりましたが、日頃のお手入れプラス美容医療もお使いになっているんですね。メディアに出られている方の実際のところってなかなかお聞きすることができないので大変参考になりました。私も取り入れてみたいと思います。

今、フラクショナルやピーリング・顔脱毛など自由診療を受けてます。先生がニキビ肌だったとは思えないくらい美肌なので、前向きに頑張れそうです。いつもYouTubeやインスタ見て、インナーケア含めて参考にしてます。大好きです。

シロノクリニックで簡単に見積もって、フォトシルク¥60,000を二ヶ月に一回(60000×6回=360000) サーマクール、ウルセラどちらも¥320,000 を、いずれか半年に一回 (320000×2回=640000) 一年間に¥1,000,000以上を支払えるのであれば、友利先生のようなお肌が保てるのです。しかも毎年です。 庶民の私には無理! 先生は、それにプラスして細かいシミ取りもしてらっしゃるとおっしゃっております。

勉強なるー!! ですよねー!やっぱ努力してない訳がない。とても好印象の動画でした(*^.^*)もっといろいろぶっちゃけで教えて下さいね。

友利先生、実際の体験をシェアしてくださり、本当にありがとうございます!その経済力と美しさ、本当にカッコいいです!私もボトックスを眉間に一度だけした事がありますが、その時は確かにシワが無くなり必要性を実感しました。身の丈に合った範囲で頑張ります^_^

 

スポンサーリンク




毛穴やニキビに期待したい美顔器とは?

庶民派の私としては、美容皮膚科のお世話になったことがありません。
たるみは予防なんですね。

でも、すでにたるんでしまっている私としては、コメントにもあったように、身の丈に合った方法で頑張りたいです。

おすすめは先生も受けられているというLED治療です。

LEDマスクの中でも、価格が良心的できちんとした美顔器マスクを紹介しますね。
かなり信頼ができるものです。
クリニックには通えませんが、LEDマスクで努力は報われると思います。

 

たるみ毛穴 改善した
ledマスクの副作用はありません!効果と美顔器マスクのおすすめを紹介!ledマスクの副作用はありません!美顔器マスクの効果とおすすめの紹介です。led マスクの7 色の効果と副作用について調べました。イチオシはアメリカ製で特許を持つled マスクのaduro(アデューロ)です。アデューロは信頼性があり、価格は良心的で、使い方は簡単です。口コミも調べました。...

まとめ

毎日、丁寧なスキンケアでお肌を整えて、美肌を目指したいですね。

友利先生みたいにお金をかけられたら理想でしょうが、身の丈に合った美容法を自分なりに頑張りましょう。

それにしても、友利先生は完璧ですね。
たるみは予防からやらなければならなかったんですね。

今から頑張って、現状維持でいくのはどうでしょうか?
老けないように、できる範囲でやりますね。