綺麗になりたい
綺麗をあきらめないで!一緒に綺麗になる方法を探しましょう
美容コラム

目のクマ(くま)の消し方が知りたい!友利新が種類や取り方(治療法)を解説!

目のクマ 消し方

目の下、目の周りの悩みは多いですね~
目じりの小じわや、目の下のたるみなど、エイジングケアを早めに始めるのが大事です。

そして、けっこう気になるのが目のクマです。
タレントのいとうあさこさんは、疲れて見える黒グマがいつも見えます。
元気なイメージの方なのに、目元だけが疲れて見えていて損ですね。

美容皮膚科医の友利新(ともりあらた)先生が、目のクマについて、詳しくお話してくださいました。
なんといっても、目のクマ(くま)の消し方が知りたいですよね~

番外編に、目の下のたるみのお話もありました。
これって、エイジングケアの永遠の悩みですね。

目のクマ(くま)の消し方が知りたい!

 

結構、みなさん悩んでいる方が多い、目の下のクマについてお話しようと思います。
クマについて悩んでいる方、本当に多いですよね。

実は、美容皮膚科の相談でも、結構上位に来るものになります。

ただ、クマといっても、原因は実は様々なんです。
原因によって、治療法も変わります。

原因によってスキンケアでも対応できるもの、そうじゃなくて、やっぱり治療だったりとか、しいて言えば、手術が必要になってくるものなど様々あります。

なので、今日はクマにはどんな種類があるのか、そして、クマの原因とその対処法についてお話していこうと思います。

友利新が種類や取り方(治療法)を解説!

目のクマ 消し方

ではまず、クマってよくいうのが、茶グマ、青グマ、黒グマです。

ちょっと青っぽく見えるもの、茶色っぽく見えるもの、黒っぽく見えるものを、よく女性誌とかで取り上げると思うんですが、それはあながち間違ってはいません。

原因によって、そういうふうに見えてくるよ、っていうものになるんですね。

じゃあ、それぞれの原因と、どういう理由でそれぞれ色が変わってくるのか、クマが起こるのかをお話します。

茶グマ

目のクマ 消し方

まず、茶グマっていうのは、2つ種類が考えられます。
1つが炎症性の色素沈着なんですね。

「えっ、炎症性?」って思うかもしれないですが・・・

例えば、私よく言いますよね。
こすったりすると摩擦によってシミになりますよっていうようなことを。

あとは、日焼けをした後も皮膚が炎症してしまって、ちょっと茶色っぽく残るよっていうもの、これが目の下に起こることで茶色っぽいクマに見えるんですね。

これはどういうことかっていうと・・・
みなさん、日本人は特にアイメイクするのが好きですから、しっかりアイメイクをしたときにどうしても、メイクをするときにゴシゴシしてしまったり、あとはそのアイメイクを取ろうと思って目の周りをゴシゴシこすってしまいます。

瞼もそうですけど、目の下っていうのはすごく皮膚が薄いところなので、この毎日の細かい摩擦が原因で茶グマができてしまうといわれています。
毎日の細かい摩擦によって炎症が起こって、それで茶色っぽくなるんです。

あとは、花粉症とかそういったときに、目がかゆくなるじゃないですか。
その時に、目をゴシゴシこすってしまったりとか、あと、アトピー性皮膚炎の人も、目がちょっとかゆくなって掻いてしまったりっていう、目の周りを触ったり、こするっていう行動で、この茶グマができることがあります。

そして、この茶グマなんですけど、茶グマはスキンケアで改善することが可能です。
改善する効果が期待できます。

 

友利先生
友利先生
茶グマは自分で一番改善しやすいクマかなと思います。
なぜかっていうと、まず、毎日行っている摩擦を止めることが一番なんですよ。

なので、クレンジングを見直してみるとか、花粉症やアトピー性皮膚炎があれば、それをきちんと治療して目の周りを触らないようにするとか、要はこすらないようにする、摩擦をしないようにするだけでもだいぶん変わってきます。

そして、炎症性の色素沈着っていうのは(シミのような感じ)、まあメラニン色素が活発になっているので、美白効果のあるスキンケアで改善する可能性があるんですね。

目元は少しデリケートな場所ではありますけど、美白効果を謳ったアイクリームを使っていただくと、茶グマを改善する効果は期待できると思います。

 

友利先生
友利先生
まず、茶グマで悩んでいる人は、美白効果を謳っているようなスキンケアを目元までしっかり塗るということ!
目元がデリケートになっている場合は、アイクリームなど目元専用のものを使うようにしてください。

あとは、自分の生活習慣で目の周りを触てっていないか、ゴシゴシしていないかを改めて見直すようにしてみてください。

今、茶グマの話をしましたが、茶グマとちょっと似ているのが、黒グマですね。
黒グマっていうと、ちょっとパンダみたいですけど・・・

黒グマ

目のクマ 消し方

この黒グマ、実は、痣かもしれません。

痣っていうと、青っぽいものだったりとか、生まれた時からあるものっていうイメージがあるんですが、実は黒グマの中には後天性真皮メラノサイトーシスという痣の一種の可能性もあります。

後天性真皮メラノサイトーシスってどういうものかというと、本当に皮膚の奥の方のメラニン色素が暴走してできるものであって、シミとは違って痣なので、しっかりと色素が出ちゃいます。

皮膚の奥の方にあるので、表面まで見えると黒っぽく見えるんですね。
シミだと茶色っぽく見えるので、その痣の場合は黒っぽく見えたり・・・(まぁ茶色っぽく見えることもあります。)

茶グマも2種類あるっていった2つ目がこれで、後天性真皮メラノサイトーシスが奥の方にあると黒グマ、ちょっとそれが深くなければ茶グマに見えるんです。

後天性真皮メラノサイトーシスの場合は全体的にボヤっとしていたり、あとは鼻の脇にも色素がある場合があります。

ただ、これを見分けるのはかなり難しいんですよね。

クマで悩んでいて、さっきいった茶グマのように美白効果のあるスキンケアを使ったり、あとは目の周りを刺激しないようにしてるのに、結構クマがひどいっていう場合は、一度皮膚科に相談してみるとよいと思います。

治療方法としては後天性真皮メラノサイトーシスであれば、レーザー治療で改善できます。

 

友利先生
友利先生
目の下の黒グマさん、ちょっと濃いめの茶グマさん
悩んでいる方で、スキンケアをしてもなかなか改善しないっていう場合は、皮膚科に相談してみてください。

 

スポンサーリンク




青グマ

目のクマ 消し方

最後は青グマですね。
目の周りってすごい皮膚が薄いじゃないですか。
なので、もともと血管がいっぱい走っているんですけど、それが透けて見えてしまって、血管って手の甲とかも青く見えますよね。

血管が浮くことで青っぽく見えるっていうことがあるんですね。
この、青っぽく見えるのは血流が悪くてもなってくるし、あとは皮膚が薄くなってきても、青っぽくなったりします。

血管をつぶすわけにはいかないので、これは血流を良くしたりします。

血流が悪くなるとうっ滞するって言い方をするんですけど、要は滞ってしまうんですよ。
そうすると、青グマがひどくなるように見えるので、まずは血行を良くするようなことをします。

なので、血行促進効果があるようなアイクリームを使っていただくことはいいかなと思います。

 

友利先生
友利先生
例えば、冷え性がある方は、目の周りだけ温めるようなアイマスクもあるじゃないですか。
友利先生
友利先生
そういったもので、目の周りの血流を良くしてあげることは大切かなと思いますし、青グマは自体は日ごろのスキンケアで改善することができます。

目の下のポコ(たるみ)番外編

目のクマ 消し方

あと、番外編なのですが・・・

色はつかないのですが、目の下の皮膚がポコッと出ていて、それによって黒く見える、皮膚の色というよりかはふくらみがあって、クマができるタイプがあります。

目のクマ 消し方

このふくらみは皮膚のたるみもあるのですが、目の眼球を守っている眼窩脂肪という脂肪があるんですね。
それが目の皮膚が弱くなることで、ちょっと出ちゃっている感じになります。

この目の下のポコが気になる人は、目の下ポコをぐっと押すと、瞼のくぼみが良くなるってことが起こるんですね。
それはなぜかというと、この瞼にある脂肪が落ちてきているんですよ、ここに。
なのでぎゅっ、戻る、押される、戻る、みたいなことが起こります。

ここまでいってしまったら、これはスキンケアとかっていうレベルではないし、レーザー治療も難しいです。

なのでもう、物理的に目の下を切開して、そこから脂肪を取るっていうような手術が必要になってくることもあるんですね。

これって結構、目の下が脂肪が出やすいタイプと出にくいタイプがあります。
例えば、自分のお父さんお母さんを見て、目元がぷっくりしてる方は目の下の皮膚が薄くなって、その抑えている支持組織が弱くなってたら、さらにぷっくりが出やすくなりますから、日ごろからスキンケアでアイクリームなどを使って予防してみてください。

ただ、それでもどうしてもっていう場合は・・・

いろいろ最近、なんか貼っておくと目の下のぷっくりが改善されるっていうような広告が出てきますけど、ぶっちゃけ、効きません。
だって、もう脂肪が出てきちゃってるんだもん。

それをスキンケアでどうこういうのは難しいので、どうしてもっていう場合はクリニックでオペっていうことになります。

 

友利先生
友利先生
どうしてもの場合は無駄な化粧品は使わずに、しっかりと治療を行うようにしてみてください。

クマのまとめ

今回は悩みの多いクマについて説明してみました。

● スキンケアで改善できるもの
● クリニックじゃなきゃいけないもの
● クリニックでもオペが必要なもの

などなど、いろいろとお話しました。

ベースはスキンケアで、予防してあげることが大事ですね。

今期は実はアイクリームのデパコスが出ているので、次回はアイクリームについてもお話してみたいなと思います。

 

スポンサーリンク




コメント

小学生くらいからクマがあるんですけど、ほんと顔色悪く見えて嫌です。アイクリームの動画楽しみにしてます♩

小学生の時に同級生の男の子に、クマできてない?って言われてから気にするようになってどれだけ寝てても寝不足でなくても治りません… チークもクマがひどいせいで色がバラついて見えて全然似合いませんし肌荒れもコンプレックスなので本当につらいです。 クマできとるよって何気なく言われるのって結構グサッときちゃうんですよね… 冷え性なので先生のアドバイスもふまえて、クリニックも考えてみます。

目の下の脂肪って遺伝するんですね…!両親はまだ大丈夫ですが、祖父母がかなりたるんでいるので危機感を覚えました笑 目の下のたるみには眼輪筋トレーニング(目を細める動作)が良いと聞きますが、医師目線から見て実際どうなのかお聞きしたいです。

昔からちゃんと寝ても、肌が白いせいもあってクマがかなり目立って悩んでいたのでありがたいです。

中学生の頃から、疲れたときに骸骨のように目が窪んでどんよりしていました。 歳を重ねるにつれ、色素沈着やたるみ、シワも出てきたようで、自分がどのタイプのクマなのかわかりません。 いつもコンシーラーで隠すのに必死です。血流をよくして、美肌もできて、たるみやシワ改善もできる画期的なアイクリームはないでしょうか? 次回、期待しています。

目の周りが痩せてクマが目立ってきました。痩せない対処法も知りたいです

アイクリーム聞きたいです! 私目の下ポコあります。それにコンタクトの調子が悪くて擦る事もよくしてしまいます…気をつけます!アイクリームしっかり使おうーっと!!

私にとって、ものすごいタイムリーな話題でした!来週目の下の脂肪除去手術します^^ 怖いですが、その後のスキンケアも楽しみになりました

目の下のたるみ袋みたいなのがずっと気になりアイクリームやヒアルロン酸パッチいろいろやりました。がダメで。 やはり美容外科に行かなくてはいけないのですね。 大変勉強になりました。 アイクリームで張りがでるクリームナンバーワンはどのメーカーになるのでしょうか?

先生のお話しは分かりやすくためになります。 目の下のたるみが最近気になるお年頃になりました。次回是非たるみに効くアイクリーム教えて下さい!

アイクリームでスキンケア!

アイキララ 効果

アイクリームは、一つは持っておきたいスキンケアですね。
目の周りのスキンケアは、しわやクマ、たるみなどできる前から予防として使いたいものです。

しわはボトックスで解決できます。
クマは、メイクで隠せます。
でも、たるみは・・・隠せないんです。

もしかして、これってたるみ?と気が付いたときから、ひどくならないうちに、ひどくならないように、徹底的に予防しませんか?

目の下がたるんでしまい、ポコになってしまったら、最終手段はオペ(手術)だと友利先生もおっしゃっています。
そうならないためにも、早め早めの対策が必要でしょう。

私も毎日、目の下にアイキララを塗って、予防しています。
1年間塗り続け、進行は止まっていると感じています。

目のクマ 消し方
目のクマ 消し方
目のクマ 消し方
目のクマ 消し方

ひとつはぜひ欲しいアイクリーム!
私はアイキララを目の下だけではなく、目の周りにくるっと塗っています!
予防が大事ですね。

 

アイキララ 目の下 たるみ 口コミ
アイキララで目の下のたるみがマシに!効果を口コミで確認してみて!アイキララの効果と使い方の紹介です。目の下のたるみが気になるなら、口コミを確認してみるのもおすすめですが、アイキララを年間購入コースで使っている私のレビューは本物のレビューなのでぜひご覧ください。アイキララはコース別で値段が変わりますので、割引率とか解約の手続きも紹介します。...

まとめ

目の周りはデリケートなので、やさしくお手入れすることが大事になります。
アイクリームを塗るときも、めちゃめちゃ優しく塗りますよ。
力を入れないために、薬指を使います。

努力は報われますから。
クマやたるみなど、目の周りのトラブルは早めに手を打つことをおすすめします。