綺麗になりたい
綺麗をあきらめないで!一緒に綺麗になる方法を探しましょう
美容コラム

vio処理をしてない人は友利新先生の解説を聞いてみて!vio のみ医療脱毛もアリ?

vio 処理 してない

全身脱毛ができたらいいですね。
顔も足も腕もツルツルなんて、サイコーですよね。
VIO脱毛もできたらいいんですが、なかなか勇気がでません。

美容皮膚科医の友利新(ともりあらた)先生は、20代の頃に全身脱毛完了ですって。

VIO処理をしていない人は友利先生のお話を聞いてみてください。
なるほど~と、VIO脱毛を始めるきっかけになるかもしれません。

vio処理をしてない人は友利新先生の解説を聞いて!

 

脱毛の疑問、すべてについてお答えしようと思います。
「整形暴露?! 私の秘密公開します。」という動画のなかで、一番最初にした美容施術というのは全身脱毛です、というお話をしました。

その中で、お顔はもちろんですけれどVIOも全部脱毛しています、というお話をしたら・・・

「あの、先生、VIOの脱毛って、なんか体に良くないんじゃないですか?」
「体に異常はきたしませんか?」
「安全性は確立していますか?」

など、結構質問がきたので、今回は脱毛の中でもVIOの脱毛について着目して、そこの疑問について、詳しくお話したいと思います。

医療用の脱毛とエステの脱毛は違う

vio 処理 してない

脱毛でも・・・医療用の脱毛とエステの脱毛は違います。
エステは減毛、要は少なくするものです。

医療の脱毛は永久になくすもの、なくしていくものになりますので、VIOに関しては(どの脱毛もそうですが)、基本的には医療用の脱毛の方が、毛がしっかりなくなります。

そしてみなさん、ご存じの通りVIOっていうところは、皮膚自体もけっこうデリケートな場所なんですよ。
よく、VIOのことをデリケートゾーンと呼んだりしますよね。

そこって、もともと毛自体も太いので、自分で自己処理をして抜いてしまうと、毛穴が大きいので、そこにばい菌が入ったり、毛嚢炎(もうのうえん)っていう、ちょっとニキビが大きいようなものになったりとかします。

VIOは元々生理的に色素沈着がある場所です。
他のところよりもちょっと色が付いている場所なんですね。

レーザーって黒いものに反応して(日本人の毛は黒いですから)その黒い毛に反応して、下にある毛母細胞を破壊して、二度と毛が生えてこないようにするというのが原理なんです。

この、周りがほかの皮膚よりもちょっと濃い場所をやる場合っていうのはすごくパワーがいり、気をつけないといけないのですが、やけどをしやすい場所になるんですね。

万が一やけどをしてしまったとしても、下着とかで当たって治りが悪かったりする場所なので、まず絶対にVIOっていうのは、自己処理をするときもあまり抜いたりとかしないようにしてほしいです。
VIO脱毛をしたい場合は絶対に医療機関で行ってください。

医療従事者がいて、万が一やけどとかをしてしまっても、きちんと対処ができるような医療機関で当てるようにしてください。

デリケートゾーンは下着で守られている

あとですね、よくいわれるのがVIOの脱毛をすると何か体に支障をきたしませんかっていうことです。

VIOって大事な場所だから、ああやって太くて濃い毛が生えているのに、それをなくすことで、あんまり体に良くないんじゃないですかって言われたこと、結構多いんですね。

ただ、これって実は逆なんですよ。

昔、人間もサルだったというか、人間も動物なので、洋服を着てなかった時がありますから、やっぱり大事な場所っていうんですかね、デリケートゾーンもそうですし、頭もそうですし、大切なところを毛で覆おうとする、毛があって守ろうとする機能は確かに存在したといわれています。

ただ、そのデリケートゾーンの場所に関しては、今は下着を履きますよね、みなさん。

頭はむき出しなので髪の毛はあってもいいと思うんですけども、デリケートゾーンっていうのは基本的に下着を履いてらっしゃると思うので、それで守られていますから、別に毛があってもなくても、きちんと守られております。

日本人の毛は黒くて結構濃い

意外と日本人は日本人しか見てらっしゃらないのでわからないと思うんですが、日本人の毛って黒くて結構濃いじゃないですか。

そうすると、アンダーヘアがすごくて外国の方からしてみるとびっくりされてしまうんですね。
黒い、もじゃもじゃとしたものが付いているというような感じで、びっくりされることもあります。

なので、見た目的な問題っていうのもあり、きれいにしておいた方が良いんじゃないかなと思うんですが・・・

あと、医学的に見ても、例えば下着もつけていて、毛も豊富にあると、そこが蒸れてしまうっていうこともあるんですね。

なので、ある程度、減毛っていうか処理をして、少し毛を少なくしておくって言うのは、例えばかゆみとか 蒸れを対策するっていう意味でもとても重要になります。

 

スポンサーリンク




布ナプキン

女性の場合、生理の時に出てくる血液が毛に付着してしまって、それが原因でかゆみが起こったり、かぶれたりすることがあります。

ちょっと脱毛から話はずれるんですけども、よく生理用のナプキンをつけていると冷えるという理由で布ナプキンにする方多いと思うんです。

もちろん、布ナプキンが悪いと言いうよりは、布ナプキンってポリマー材が入ってないので、表面に経血が付いている状態なんですよね。

そうすると、そこに毛がある皮膚がくっついて、そこにずっと水分がある状態なのでデリケートゾーンの皮膚がふやけてしまいます。
そこから、バリア機能が低下して刺激になったり、そこにまた毛についた血液が付くと、それがまたかゆみの原因になる、と言われています。

特にVIOの脱毛をあまりしてない人の(していてもそうなんですけども)あんまり経血が常についてしまう布ナプキンとかはあんまりおすすめはしません。

もちろん、ポリマー材でかぶれるとかだったらしかたがないかなと思うんですけど、体がポリマー材のナプキンをつけていて冷えたりとかはあり得ないので、そういった観点からしても、あんまりおすすめはしないです。

あとはやっぱりそこに毛があるとですね、さらに経血がずっと肌についていることになって、肌に刺激になりますので、やはり余計な毛っていうのはないほうが、皮膚のバリア機能を保つ点でもおすすめになります。

あんまりナプキンは使いたくないよって人は、最近は生理用のパンツ、生理ショーツじゃなくて、パンツだけを履けば、しっかりとパンツに吸収してくれるっていうものがあります。

ナプキンをつけなくてもショーツだけでポリマー材がしっかり入っていて、吸収してくれるっていうショーツなので、そういったもので対応していただければいいかなと思います。

雑菌を防御

ちょっとお話がそれましたが、生理のことを考えても、毛に血液がついて、それが刺激になるということもあり得ますので、そういった意味でVIOの毛はなくても決して問題ではありません。

あとは、VIOの毛がなくなることによって、何か体のなかに雑菌とかが入るんじゃないかというふうなことを言われる方もいるんですが、それは逆ですね。

別に、毛が雑菌から私たちを守ってくれているわけではなくて、女性器はしっかりとそこで雑菌をブロックしてくれるような構造になっています。

あと膣の中っていうのも、ちゃんと雑菌が入ってきても防御できるような構造になっています。
なので、毛があることによって雑菌をブロックしているわけではなくて、女性器自体がきちんとブロックする機能はあります。

また、そこに毛がいっぱいあるとですね、毛に雑菌がついてしまうというのもゼロじゃない
ので、逆にしっかりと脱毛することによってそこを清潔に保って、雑菌とかの侵入をよりブロックするということもあります。

そういった意味でも、VIO脱毛をしていただけるといいんじゃないかなと思います。

介護のために…

あと、これはずっと先の話になると思うんですけども、よく介護のためにVIO脱毛しましょうと、テレビや雑誌で言ったりしています。

確かに介護をするときとかも、毛があるのとないのとでは、ない方がお世話しやすい、ケアはしやすいとかはありますが、それはものすごく先のことですよね。

今現在においてもVIO脱毛することで、体になんか負担がかかるとか、体に何か悪いことが起きるってこともないですし、逆にかぶれだったりとか、かゆみだったりの予防にもつながりますから。

ちょっとどうなんだろう、やってみたいけども、なんか将来的にマイナスな面が起こるんじゃないかと心配されている方は、安心して医療でVIOの脱毛をしていただければいいんじゃないかなと思います。

アンダーヘアも白髪になる

そしてね、みなさんね、どうしようかなと思っているうちに、時がたってしまうと、残念ながら、髪の毛も白髪ができるように、アンダーヘアも白髪になることがあるんですね。

脱毛っていうのは黒いものに反応しますから、白髪は脱毛できないんですよ。

だから、年を重ねて、おひげもそうなんですけども、白髪になってしまうと脱毛したいなと思ってもできなくなりますので、なるべく早いうちから気になる場所は脱毛するように考えてください。

VIOの脱毛は日本ではあまりメジャーではないかしれませんが、海外では当たり前です。

というか「え、そこケアしてないの?」みたいな感じで、みなさんするのが当たり前なんですね。

なので、日本でも決して素のままがいいわけではない場所だと私は考えていますので、気になる方はぜひ、クリニックでVIOの脱毛の相談をしてみてください。

 

スポンサーリンク




コメント

もうすぐ64歳です。去年、医療脱毛でVIO脱毛を終わりました。約2年近く、合計8回通いました。祖母、両親を介護した経験がありましたのでVIO脱毛のことを知ってから迷わずクリニックへ。残念ながらしっかりと白髪だけが残っていますが、清潔を保てる程度なので良かったと思っています。 今年は脱毛を始めてから3回目の夏ですが、私自身がとても楽です。毛量が多かったので(笑)。下着選びもデザインの幅が増えたので楽しいです。

20代の時にエステで脱毛に5回程通ったら、私の肌が弱かったのか足と背中が今も赤いブツブツのような火傷跡が残っています。 エステ店に返金を依頼したけど、クーリングオフ期間は過ぎてて、お金を無駄にしました。 娘が大きくなったら絶対、医療脱毛を勧めます!!

アトピー持ちなのでお医者さんのいる医療脱毛と決めていて来月から行く予定なのですが、医療脱毛=強いとよく聞くので痛みが心配でVIO込みで契約するか悩んでました。先生のお話を聞いて、やるぞ!と思えたので明日早速電話しようと思います。

医療脱毛してますが、看護師さんとお話ししてて全部ツルツルだと変かな?という話から、オシャレに気を遣われるご年配の方は介護で迷惑かけないように全部される方もおられると聞いてツルツルにしました。あと、美容と付くクリニックと形成外科でするのと金額の差が凄い事に驚きでした。効果も病院の方が早かったです。

出産前にしとけば良かったなぁーと本当に思います。一人目を出産し、行きたいなーと思いながら、二人目を考えるとなると、なかなか踏み出せないです。期間はやっぱり結構かかるんですよね、先生〜

将来の事(介護)を考えて今VIO脱毛通ってます。白髪が1本見つけた時は悲しかったけど今は全て無くして快適です! 匂いやムレが少なくなり生理の時も超快適です。

脱毛サロンなどのサイトではなぜ脱毛するのが良いかなど、詳しい説明がなかったのでとても安心して脱毛を受けれる思いになりました。ありがとうございます!!

肌弱くてかぶれに悩まされたので、ずっと布ナプキン派です。布に変えたら生理痛無くなり本当に楽になりました。さらに快適にすべく今はVIO脱毛に取り組んでます。Vは形作ってますがIO無くして爽やか〜です。温泉とかでケアしてる方のお姿見ると、きちんとされてるなーってやっぱり好感持てますね。

まさに今、VIOの光脱毛をしようかと思ってました。やることは決めていたのですが、医療かエステか悩んでいて… 先生の話はもちろん、みなさんのコメントもスゴく参考になります!

VIO全部ツルツルにしました。 最高です。快適すぎます。 10年早くやっておけばよかった。

先生の説明とても分かりやすいし脱毛の概念がまるっきり変わりました。娘も脱毛やりたがっていますが、いろんな知識を持ってすれば怖くないですね!

IOラインがないと出産の時に楽ですよ! 出産時の剃毛もなく、産後のケアもしやすいので、将来お子さんを考えている方におすすめです!

私が今一番聞きたかったお話です。取り上げてくれて、ありがとうございました!結構な期間悩んでたのですが医療脱毛行ってきます!

vio のみの医療脱毛もアリ?

脇の脱毛や、手足の脱毛が済んでいるかたは、VIOのみ医療脱毛を受けるといいですよね。
生理の時の快適さ、出産時の快適さ、そして将来の介護を見据えて、VIOの医療脱毛はやってみる価値はありますね。

しかし、私もそうですが、なんだかクリニックに行く勇気がなくて・・・
VIOの処理はかなり抵抗があります。

医療脱毛の方が、早くて安心なのはわかっていても・・・
一歩が踏み出せない方は、家庭用の脱毛器はいかがでしょうか。

リーズナブルで高機能なので、脇や手足はもちろん、VIOも自分で脱毛できますから。

OPUS BEAUTY 03(オーパスビューティー03)家庭用脱毛器の紹介です。
自分で、自宅で、簡単に、素早く脱毛が完了します!

 

家庭用脱毛器 効果 いつから
家庭用脱毛器の効果はいつから出る?オーパスビューティー03のおすすめ!家庭用脱毛器の効果はいつから出るのでしょうか?OPUS BEAUTY 03(オーパスビューティー03)の実力がすごいんです。家庭用脱毛器のおすすめで、価格が安いうえにクール機能を搭載している本格的な家庭用脱毛器で、産毛やヒゲまで対応します。どんな人でもちゃんと脱毛が完了します。...

 

まとめ

脇の脱毛をして、その快適さはわかっていても、VIO脱毛には二の足を踏む・・・
ちょっと、気弱な私。

今から脱毛を始めようという方は、全身ピカピカになるし、絶対に医療脱毛はおすすめですね。
ちょっと先ですが、介護の現場もVIOがおすすめだったなんて、初めて知りました。
早め、早めがいいようです。