綺麗になりたい
綺麗をあきらめないで!一緒に綺麗になる方法を探しましょう
ファンデーション

ヴァントルテ ファンデーションの色選びのコツ|トライアルで試してみて♪

ヴァントルテ ファンデーション 色

ミネラルファンデーションの魅力はクレンジングを使わないで、石けんで落とせるところ。
そして、肌にやさしいので、トラブルを抱えた肌でも上手にメイクができるところです。

もともと、ミネラルファンデーションはアメリカ発祥のファンデです。
でも今は、日本人のために日本で作られたミネラルファンデーションが人気なんです。

つけたまま眠れるほど肌に負担がなく、石鹸のみで落とせるというのがミネラルファンデーションの魅力ですね。

VINTORTE(ヴァントルテ)は京都生まれのナチュラルコスメブランドです。
ヴァントルテのミネラルファンデーションには、パウダー、プレスト、リキッドの3タイプのミネラルファンデーションがあります。

パウダーファンデが上手につけられなくて、ミネラルファンデは苦手だわ、と思っている方にはリキッドがおすすめ。
私も、ヴァントルテのリキッドが大好きです。

しかし、今回はミネラルファンデーションが初めてという方のために、ヴァントルテのトライアルを紹介します。

ヴァントルテで一番人気の、ミネラルシルクファンデーションが入ったトライアルセットをレビューしますね。

ヴァントルテ ファンデーションの色選び

ヴァントルテ ファンデーション 色

ミネラルファンデーションが初めての方のために、初回限定デビューセットがあります。

ミネラルシルクファンデーショントライアルセット 1,800円

ミネラルシルクファンデーション(サンプル1g)×2色 (2週間分)
ふわふわエアリーパフ 500円

8日間返品保証
本品10%OFF購入特典付き

2色を試せるので、ピッタリな色が見つかります。

もしあなたが、乾燥肌や敏感肌で悩んでいたり、ファンデーションの毛穴落ちで悩んでいるなら、ミネラルシルクファンデーションがおすすめです。

石けんで落とせるノンケミカル化粧品なので、使い続けると素肌がすこやかになります。
もちろん、仕上がりはナチュラルで、素肌がきれいだなと感じられるメイクになります。

また、シルクは保湿力が高く、肌がうるおうのも魅力のひとつです。

 

 ヴァントルテの色選びは難しい?

ヴァントルテ ファンデーション 色

お試しセットを申し込むときに悩むのが『色』ですね。
トライアルでは、5色の中から2つの色が選べます。
これが、なかなか迷って決められないんですよね。

● 明るめのお肌セット(ハイライト・ハイライトベージュ)人気No.1
● 標準のお肌セット(ハイライトベージュ・ライトベージュ)
● 標準のイエロー系お肌セット(ライトイエローベージュ・ライトベージュ)
● 暗めのお肌セット(ライトベージュ・ナチュラル)

4つのセットの中から、自分に合いそうなセットを選ばなければならないので、困ってしまいますよね。

そんなときは、色選びのポイントを押さえてから選ぶと、選びやすいですね。

まず、色を選ぶときは、フェイスラインに合わせてみると、白浮きしたりしないで失敗が少なくなります。

また、ミネラルファンデはつけたての色ではなく馴染んだ後の色が重要なので、迷ったら少し明るめの色を選んでみてくださいね。

ヴァントルテ トライアルを試してみました

ヴァントルテ ファンデーション 色

ヴァントルテ ミネラルシルクファンデーションの特長は…

特長

● クレンジングがいらず、石けんで落ちる
● ピュアシルクの持つ保湿力で、パウダーなのにしっとりと肌に密着
● ソフトフォーカス効果で、毛穴やくすみをしっかりカバー
● 時間が経つほど皮脂がきれいに混ざってテカリを防ぐ
● 下地不要で紫外線もしっかりカット(SPF25 PA++)

使用感は適度なツヤと潤いがあり、抜群にいい感じです。
スベスベで、発光するような質感に驚きです。

ツヤ感がほどよくて、潤ったお肌に見えますからね。
シルクのおかげでしょうか…

ヴァントルテ ミネラルシルクファンデーションの使い方

ヴァントルテ ファンデーション 色

ミネラルシルクファンデーションを初めて使うとき、ふたを開けるとシールが付いているので、中ブタを手で押さえながらそっとはがしてください。
勢い良くやると、粉が飛び散ります。

本商品には伸縮性のあるネット(エアリーネットクッション)がついていて、わざわざ容器のフタに取り出さなくていいんです。
これって、ちょっと画期的です。

さらに、透明の中ブタが付いていて、容器の中でパウダーが散乱してしまって大変なことになっちゃった…というのを防いでくれます。

エアリーネットをパフで押すと、適量がパフについてくるので、パウダーを取り出しやすくなっています。

トライアルの場合は、少量のミネラルファンデをフタにとってから、パフにつけてくださいね。

ミネラルファンデのつけ方

① パフにパウダーを適量つける
② くるくると手の甲をなでるようにして、パフとパウダーをなじませる
③ 顔の中心から外側に向かってポンポンと優しくパフで押さえて肌にのせる
④ 目元や小鼻などはパフの端を使って軽く押さえる
⑤ フェイスラインから首筋に向かってパフをすべらせて、首との境目をぼかす

手の甲で余分なパウダーを落として、パフになじませると、ムラや厚塗りを防げます。

また、パフはクルクルと滑らせるようにしてパウダーをのせますが、肌表面がさらっとしていないときは、パフをポンポンと軽く押さえるようにしてパウダーをのせるとうまくいきます。

上手にメイクをすると、毛穴が目立たなくなり、絶妙なツヤ感がでます。
また、紫外線対策で何回か塗りなおしても、厚塗り感が出ないのがうれしいですね。

ミネラルシルクファンデーションはカバー力があり、しかもムラになりにくいので、初めての方でもきれいに使えるミネラルファンデですね。

さらに、時間が経っても、パウダーに特殊コーディングがされているので、皮脂を吸収して、崩れにくくなっています。

より潤って、綺麗に見えるほどなんです。

パフで塗るミネラルファンデ

ヴァントルテ ファンデーション 色

他メーカーのミネラルファンデーションはブラシでつけるメイク法がメインですが、ヴァントルテはパフでつけます。

パフで塗ると、ファンデーションがかなり密着します。
そして、しっかりとマットに仕上がるので、大人の雰囲気が楽しめるんですね。

粉タイプ専用の「ふわふわエアリーパフ」は毛足が長く、肌にやさしくフィットします。
また、肌への刺激が少ないため、敏感肌の方にもおすすめです。

パフでファンデをつける場合は、1~2回さっとパフで塗るだけでメイクが完了です。
ブラシでつける場合は、何度も塗り重ねるので、けっこう時間がかかったりしませんか?
パフは忙しい方にはうれしいアイテムですね。
かなりの時短になるからです。

ムラなく仕上がるので、あっという間に陶器肌ができあがってしまいます。
もちろん、ブラシで丁寧につけるのが好きな方は、ブラシで塗ってもきれいに仕上がります。

気をつけたいのは、パフに付けすぎたファンデ。
それを直接顔にのせるのはNGです!
使い方にも書いていますが、手の甲で調節するのがいいですね。

ミネラルファンデでは、ありそうでなかったパフ使いです。
お化粧慣れしていない人でも、意外と上手にメイクできますよ。

ミネラルシルクファンデーションの成分

ミネラルシルクファンデーションはピュアシルク100%を配合!

マイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、シリカ、シルク、水酸化AI、酸化鉄

ツヤと光沢感を出してくれるマイカと、なめらかさを出すシルクが配合されていることで、美肌のベースメイクができ上ります。

そして、UVカット効果のある酸化亜鉛酸化チタンが配合されているので、日常レベルの紫外線対策はバッチリです。

皮脂を吸収してテカリを防ぐシリカは、混合肌のベースメイクにピッタリの成分です。

水酸化Alは酸化チタンをコーティングして、光に当たっても活性酸素を発生しないようにしています。

そして、酸化鉄が絶妙なファンデーションの濃さを調節してくれます。

ヴァントルテ ファンデーション 色

ミネラルシルクファンデーションは10個の無添加処方です。

肌トラブルの原因となる添加剤を使っていないから、ミネラルシルクファンデーションは肌にやさしいんですね。

 

ヴァントルテの下地

ヴァントルテ ファンデーション 色ヴァントルテ ファンデーション 色

基本的に、ミネラルシルクファンデーションは下地なしでメイクができます。

でも、テカリが気になるとか、くすみや毛穴、デコボコが気になる方は、肌質に合う下地を使うことでより綺麗にベースメイクができます。

ヴァントルテの化粧下地は、ファンデーションと同様に石けんで落とせます。

すべて無添加でノンケミカル処方です。
さらに、天然ミネラルや美容成分が入っているので、メイクしながら肌を整えてくれます。

ミネラルシルクメイクアップベース

ヴァントルテ ファンデーション 色

特長

肌なじみが良い
ツヤと潤い感のあるお肌を実現
色むらを自然に補正
透明感のあるお肌に仕上がる

ネラルシルクマットベース

ヴァントルテ ファンデーション 色

特長

皮脂コーティング処方
皮脂吸着パウダーが1日中美肌をキープ
夏場やレジャーシーンにおすすめの化粧下地

ミネラルCCクリーム

ヴァントルテ ファンデーション 色

特長

毛穴やくすみをカバー
ブルーライトカット
スキンケア効果
デスクワークの方におすすめの化粧下地

ミネラルUVクリーム

ヴァントルテ ファンデーション 色

特長

SPF50++++で紫外線からの肌ダメージを徹底的にカット
無添加
白浮きしにくい
乳液のようなしっとりしたテクスチャー


ヴァントルテ ファンデーション 色

ヴァントルテ ファンデーション 色

ヴァントルテのコンシーラー

ヴァントルテ ファンデーション 色

ヴァントルテの天然ミネラルコンシーラーは、クレンジングがいらない、無添加、ノンケミカル処方のコンシーラーです。

気になる部分に直接塗り、軽くたたき込むようにしてなじませます。
カバー力を上げたい場合は、一度に厚塗りせずに、少量ずつ重ねて使うのがコツです。

ミネラルシルクコンシーラー

ヴァントルテ ファンデーション 色
ミネラルコンシーラー SPF25・PA++

ファンデーションでは隠せない、シミ、毛穴、クマををしっかりカバーする、天然ミネラルのコンシーラーです。

シルク、ホホバ種子油、セラミドなどの保湿成分を贅沢に配合し、カバーしながら肌に潤いを与えます。

なめらかにのびる使いやすいスティックタイプで、石鹸でメイクオフできます。
もちろん、シリコン、合成香料、防腐剤不使用などは不使用です。

成分と特長

無香料
無鉱物油
界面活性剤不使用
紫外線吸収剤不使用
アルコールフリー
パラベンフリー
旧指定成分無添加

ミネラルシルクコンシーラーは、シミなどを隠したことさえ忘れてしまうといわれています。
石けんで落とせるほど、肌にやさしいコンシーラーだからです。

もし、シミなどが気になっていて、ファンデーションではカバー力が足りないなと思っているなら、ぜひコンシーラーを使ってみてください。

毛穴の黒ずみ、目の下のクマ、ニキビ跡、小鼻の赤みなども部分的にカバーしてくれて、重ねても厚ぼったくなりません。

保湿美容成分が贅沢に配合されているので、使いながらしっとりと保湿もできます。
(保湿成分として、ホホバ種子油、シルク、セラミドなどを配合)

厚塗り感もでず、自然にカバーしてくれて重ね塗りしても汚くならない!!
パウダーの上から直塗り使用しても汚くならない!!

なかなか、いい感じのコンシーラーです。

 

 

まとめ

パフでつけるミネラルファンデは、ブラシでつけるタイプだと、ブラシのチクチク感がつらい人におすすめです。

おまけに、ファンデーションの容器のネットのおかげでパフにすぐに適量つくので、わざわざ容器に出して筆につけて…という手間もいりません。

パフの感触も柔らかくていいですし、重ね塗りしても全く厚塗りになりませんよ~

とにかく簡単だし、パフでトントンするだけで、 毛穴もしっかりカバーして、しかもUVカット効果もあります。

ブラシが苦手な人も、石けんで落とせるミネラルファンデーションを楽しめますね。